スムージーを美容や健康のために始めたら、もっと調子が悪くなってしまったという人は少なくありません。
それは体が正常化する時に起こる好転反応なのですが、どんな症状なのか、また注意点など知っておくと慌てなくて良いですね。

・スムージーは好転反応が出やすい飲み物だという事を知っておこう

スムージーには体の中の毒素や、活性酸素によって錆びついてしまった酸化物をデトックスしてくれる働きがあります。
個人差はありますが、その体の毒素が体外に排出される時に体の不調を訴える人が多いです。
体の中に毒素が多い人ほどその反動が大きいとされており、出る症状も人によって様々あります。
体の中がいつも普段の状態で慣れている所にスムージーが入る事によって、びっくりしている時期、そして毒素が排出されている期間、体の細胞が新しく生まれ変わる期間は好転反応が出やすい時期です。
あまりにも辛い場合は量を少なくするなど調整が必要となりますが、体に合わなかったといってすぐにやめてしまうのは非常にもったいないです。
基本的には体に良い食品を摂っているだけなので、体に危険性がある訳ではありません。
体の調子に変化が現れる事によって、どれくらい体に毒素が溜まっていたのかが分かる時期でもあります。
排出を助けてあげながらうまく付き合うと良いですね。

・どんな症状が出やすい?期間はどれくらい続く?

その好転反応の症状ですが多いのは胃腸の調子が変わる人が多いです。
便秘に悩む人は腹痛や下痢、便の時間のタイミングのズレや顔に吹き出物が出る、などが生じます。
また自分が普段から弱い体の部分に好転反応が現れる人も少なくありません。
多いのは頭痛、眠気やだるさと自律神経のバランスが崩れている人に起きやすい症状が好転反応でも起きます。
早い人は3日ほど、長くても2週間以内には好転反応が現れ何の症状もない人も中にはいます。
大切なのは起きた時の対処法ですが、飲んでいるスムージーの量を少なめにして症状を和らげたり、水を多めに入れて薄めにするのも良いでしょう。
また下痢が起こっている人は腸の悪いものを洗い流す手助けをするために、いつもよりも水分を摂る事がポイントです。
あまりにも症状が長く辛い時には少し休む、1日置きに飲むなど休みながらでも徐々に体は慣れていきますので大丈夫です。

・好転反応ではなく副作用の場合もあります

好転反応ではなく、スムージーを飲む事自体が体に良くないとされる副作用は起こるのか気になりますね。
これは気をつけないと出る可能性もゼロではありません。
まずは自分が持っているアレルギーに気づかずに、その食品を摂った場合にはアレルギー反応が出る事があります。
アレルギーの症状はじんましんや痒みなどが現れるので、1度飲んだらすぐに分かるはずです。
またスムージーしか摂らないなど、過激なダイエットを続けていくと胃が流動食しか受け付けないような胃になる事もあります。
スムージーを始める時にはその食材がきちんとどこで作られた物なのか、安心できる生産地かを確かめる事が大切です。
そして自分にアレルギーが無いかも重要ですね。
スムージーは液体ですが、繊維質が残っているので口の中でよく咀嚼してから飲むのも胃痛の予防になります。
また栄養分は摂りすぎると良くないなどを耳にする事もありますが、3食スムージーや1日10杯も飲むなど、異常な飲み方をしない限り問題ありません。

・まとめ

自分の健康を全てスムージーに任せてしまうといった飲み方ではなく、自分の生活スタイルにうまく取り入れるのが重要ですね。
特にダイエットをするためにスムージーを飲む人は真面目に量を守ろうとする傾向にありますが、体調を崩してまで飲むものではありません。
好転反応だな、と思ったら量を減らしたりしてペースを落としてあげれば少し期間はかかるかもしれませんが、飲んだ分の良い効果も感じられるようになります。
どうせなら楽しみながらスムージー生活を送りたいですね。