スムージーは生の野菜や果物をそのまま丸ごとミキサーにかけるので、普段の食生活で不足しやすい食物繊維を効率的に摂取する事ができます。
特に長年便秘で悩んでいる人や、ダイエットで栄養素が足りなくなる人はすすんで飲んで欲しいですね。

便秘のタイプは色々ある!自分のタイプを知ろう

便秘と言っても色々なタイプに分かれる事はご存知でしょうか?
それによって摂りたい食物繊維の種類も変わってくるのです。
食物繊維を摂っているのに中々症状が改善しない人は他の原因ももちろんあるでしょうが、食物繊維の取り方が間違っているという事も理由の一つかもしれませんね。
まずは仕事などの環境上、便意を我慢したりする事で便意を感じにくい直腸になる直腸性便秘タイプがあります。
直腸性便秘の人は残便感を感じたり、便意がない事に慣れてしまい便が硬くなりがちなので食物繊維だけでなく水分を沢山摂る必要があります。
次に運動不足や加齢が原因で、腸のぜん動運動の筋力が落ち、押し出す力不足によって便が溜まる弛緩性便秘タイプがあります。
このタイプの人は腸のぜん動をサポートし、かさを増やして外に押し出す不溶性食物繊維を摂りましょう。
そしてスムージーはあまり効果がないと言われているけいれん性便秘ですが、けいれん性便秘は大腸の動きがストレスなどの原因で過敏になっている状態。
自律神経の乱れですが、スムージーで腸内環境を整える事ができるので全く効果がないという事もなく、腸の刺激をしない食生活とストレスをあまりかけない生活と同時にスムージーを取り入れましょう。

食物繊維には2種類ある!それぞれの働きとは?

食物繊維には2種類あって、それぞれが違う働きかけをしてお通じをサポートしてくれます。
まずは水を含むと柔らかくなって固い便を柔らかくしてくれる働きを持つのが水溶性食物繊維です。
もう一つは不溶性食物繊維と呼ばれており、腸のぜん動運動を助けたり、腸に刺激を与えて便をスムーズに排出させてくれる働きを持っています。
便秘を改善したいのであれば、この2つの食物繊維がバランスよく含まれている果物や野菜を摂る事が大切です。
けいれん性便秘の人は、不溶性食物繊維が腸への刺激を強める場合もあるので水分もたっぷりと補給しながら飲んだり、空腹ではない時に飲むなどあまり無理はしない方向で取り入れましょう。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が含まれたレシピ

2つの食物繊維をバランス良く含むのがアボカドです。
アボカドとさらに腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖が含まれているバナナを合わせ、水溶性食物繊維の多いレモンでさっぱりと作るのはいかがでしょうか。
レモンにはアボカドが酸化して黒くなるのを防いでくれる働きもあります。
また水分はさらに便秘予防として効果的にしたいのであればヨーグルトにするのも良いですね。
その他にも腸の働きを活発にするりんご、水溶性食物繊維であるペクチンが豊富なオレンジにバナナを合わせてフルーツスムージーを作るのも良いですね。
腸のぜん動運動を正常化してくれるオリゴ糖を入れるのもおすすめです。
また2つの食物繊維の他にもビタミンや葉酸などが豊富に含まれているキウイや酵素がたっぷりと含まれているパイナップルにアサイーを合わせて飲むと、同時に鉄分やアミノ酸が摂れます。
アサイーにはオレイン酸やカルシウムなど、人間の体にかかせない成分も多く配合されている果物です。

まとめ

スムージーで便秘を解消したいのであれば、まずは自分がどんな便秘のタイプなのかを知る事から始めましょう。
それによって向いている果物や野菜を選ぶ事ができます。
長年便秘の人はスムージーを摂った途端にお腹が痛くなったり、逆に下痢を引き起こす好転反応が見られる事も。
そんな時はあまり無理をせず、様子を見ながらゆっくりと続けていくのが良いでしょう。
便秘の人は朝のスムージーが良いとされていますが、胃腸が敏感な人は空腹には入れず何か食べながら徐々に飲むと良いですね。
始めから大量ではなく、少しずつから始めていきましょう。