スムージーにはカルシウムやマグネシウム、鉄分といった栄養素が豊富に含まれているので、痩せたい人の置き換え食としても注目されています。
ダイエット中に不足してしまう食物繊維をきちんと摂れるので、健康的に痩せられてずっと続けられるダイエット法ですね。

朝昼晩どの食事を置き換えるのがベスト?

答えはその人に合ったタイミングがベストと言いたいところなのですが、よりダイエット効果を実感する事ができるのは夕食、ついで昼食、そして1番緩やかなのが朝食です。
通常は夕食が1番カロリーを摂ると言われていますので、その時に置き換えをすると摂取カロリーで言えば削減する事ができます。
また夕食にスムージーにすると他にもメリットはあります。
特に夜のご飯が遅くなりがちな人にとって、夜に沢山食べると胃腸に負担がかかり自律神経も崩れやすくなります。
胃腸を休めるためにも夜をスムージーに置き換えるとメリットがあります。
ただ著しく摂取カロリーが減ってしまわないよう、カロリー計算はしておきたいところですね。
スムージーは胃の中が空の時に飲むと栄養素を吸収しやすいので朝食もおすすめです。
朝のお通じが欲しい人は朝食の方が向いていますし、健康的に痩せたいなら朝食でも効果的です。
朝忙しくて何も食べないと、余計に肥満に繋がるというデータもあるので、2食の人は逆にスムージーを取り入れると良いでしょう。

始めから無理せず徐々に慣らすおすすめの進め方

置き換えダイエットは効果を実感しやすいダイエット法ではあるものの、空腹感が辛いという意見があります。
夜に置き換えをするにしても、空腹に耐えれるか心配な人もいるのではないでしょうか?
あまり始めから無理をせず、まずは夕食時に太りやすい炭水化物をスムージーに置き換えるやり方が良いでしょう。
スムージーとおかずを食べて、ご飯を控えるというものです。
ご飯の糖質は肥満に変わりやすいので、ご飯よりは糖分の少ないスムージーで補えば低糖質ダイエットが可能です。
そして体が慣れてくればおかずも減らして最終的にはスムージーのみにしていく方法です。
スムージーはお腹にたまりやすい食材を選ぶのがコツです。
例えばバナナやアボカド、ナッツ類などは食べ応えがあり、置き換えには向いている食材です。
バナナは糖質が多めですが、毎日でなければ摂りすぎにはなりません。

もっと効果的に痩せたいなら週末スムージーで短期戦

もっと効果的に痩せたいのであれば、海外セレブがよく取り入れている方法で、週末スムージー置き換えダイエットがあります。
これは週5日、普通の食事にして土日だけスムージーに置き換える、言わばデトックスやプチ断食と呼ばれているものです。
週末にスムージーでプチ断食を行えば胃腸が休まり次の週になって内臓の活動時に、より毒素を出しやすい体質へと向かわせる事ができます。
やり方は金曜日の夕食は軽めに済ませて、土曜日に備えます。
土曜日は朝昼晩全てスムージーで過ごし、日曜日の昼にスープやお粥など柔らかい食事を少し摂り、体を徐々に慣らしていきます。
夜はサラダや柔らかめのご飯などさっぱりとしたメニューをよく咀嚼して食べます。
土日など2日続けて休みの取れる仕事の人にはやりやすい方法です。
断食中はきちんと水分を摂り、激しい運動などはしない方が良いです。
またアルコールやカフェインは空腹の胃にかなり負担をかけるので飲んではいけません。
断食は体に良いのですが、守らなければならないルールも多いので覚えておきましょう。

まとめ

スムージーには食物繊維をはじめとし、生のままの生きた酵素が基礎代謝を上げる役割を果たしてくれます。
ただ置き換えるメニューとしてだけではなく、スムージーの持つ力がダイエット効果をもたらしてくれています。
効率良く痩せたい人はスムージーの果物の糖分量にも気を遣わなければなりませんが、低糖質でありながら腹持ちが良いのがスムージーの特徴でもあるので、ダイエットにうまく活用したいですね。