奇跡のハーブや命を救う植物とも呼ばれているモリンガですが、このモリンガを使ってスムージーが作れるというのです。
モリンガの栄養価は高く、最近ではそれをダイエット目的として取り入れている人も多いのですが、モリンガの栄養価やダイエット効果について詳しく知りたいですね。
あまり聞きなれないという人もいるでしょうから検証していきましょう。

栄養価の高いモリンガとは一体何?

モリンガとはインド原産のハーブで、その栄養価の高さから飢餓に苦しむ国の子供達を救っている食品の1つです。
生命力が非常に強く、葉だけでなく根や幹、そして枝に至る全ての部分を余すことなく使う事ができるのです。
この事から海外ではミラクルツリーや、生命の木などと呼ばれています。
人間が生きていく上で必ず必要となる栄養素はビタミンやミネラル、アミノ酸ですがどれをとっても含有量も多く、バランス良く含まれているのが特徴です。
植物の中でも青汁に代表されるケールや大麦若葉、モロヘイヤなどに含まれているビタミンなどの含有量をはるかに凌ぐ成分が含まれています。
同じカロリーでもその中に含まれる栄養素の数を栄養素密度と言いますが、それが高いほど摂れば健康になれるという事です。
モリンガはその栄養素密度が牛乳の倍とされています。
太古の昔からあるインドのアーユルヴェーダの中でもモリンガは非常に価値のある植物だと注目されており、民間療法でも取り入れられてきたのです。

モリンガがダイエットに良い理由

モリンガには食物繊維がレタスの28倍も豊富に含まれています。
ですから体内に不要な物を溜め込んでいる場合、デトックス効果が期待できるので溜め込まない体へと向かわせる事ができます。
またその他にもダイエットと言えば、運動よりもカロリーを控える事を先に考える人の方が多いのではないでしょうか?
食事を控えて体重を減らすと、必要な栄養素が摂れなくなり便秘を引き起こしたり、貧血や肌荒れの原因にもなります。
その点モリンガにはバランスの良い栄養素が含まれているのでダイエットに向いている食材です。
そして特にポリフェノールは赤ワインの8倍の量が含まれており、抗酸化力が高いので体内のコレステロールが酸化するのを防いでくれます。
また燃焼系アミノ酸であるBCAAもモリンガには含まれているので基礎代謝量のアップが見込めます。
全体的に痩せ体質へと持っていってくれる食材である事が分かります。

モリンガをスムージーに取り入れる方法

モリンガは食材そのものが売られていませんので、サプリメントやお茶、パウダーといった加工品を買う必要があります。
スムージーに取り入れたいのであればパウダータイプを使うと良いでしょう。
モリンガパウダーは1日に小さじ一杯程度、3グラムから5グラム程度ですが少し濃いめに入れても美味しく作る事ができます。
モリンガにはキンカンやグレープフルーツ、柚子などの柑橘系が良く合います。
他にも野菜の青臭さが苦手な人にはバナナや豆乳、アーモンドミルクなどと合わせると飲みやすくなります。
果物は体を冷やすものが多いので、冷やして飲むのではなく常温のバナナやミルクを使い、体を温める働きを持つ生姜やシナモンなどをプラスすると冷え性の人でも安心して飲む事ができます。

まとめ

モリンガには実に90種類もの栄養素が含まれており、ダイエットにも適している事が分かります。
モリンガの栄養素の中には加熱して栄養量が少なくなるものも含まれているので、パウダーをそのまま使用する方がおすすめです。
しかしモリンガパウダーは中々水に溶けにくいので、スムージーのようにミキサーにかけて攪拌する必要があります。
ですから普通に水やミルクに溶かすよりも攪拌してスムージーにした方が飲みやすくなります。
ミキサーにかける時もあまりかけすぎると熱が発生してしまうので、できればミキサーの後半にかけるか後でスムージーの上に振りかけて、混ぜながら飲むのがベターです。
いつものスムージーのレシピにプラスしてパワーアップしたスムージーを楽しみたいですね。